フェアレディZフェアレディ ゼット、FAIRLADY Z)は、日産自動車が製造・販売するクーペタイプのスポーツカーである。 GT-Rと並ぶ日産を代表するフラグシップモデルで、日本を代表するスポーツカーとして幅広く知られる。初代は北米市場で大ヒットを達成し、以降のモデルも主に北米市場をターゲットと
70キロバイト (9,647 語) - 2022年1月3日 (月) 15:22



(出典 asset.watch.impress.co.jp)


素敵ですね!

1 七波羅探題 ★ :2022/01/14(金) 13:48:47.90

くるまのニュース編集部
1/14(金) 10:18配信
https://kuruma-news.jp/post/464166

新型「フェアレディZ」を東京オートサロン2022で初公開
 日産は、日本仕様の新型「フェアレディZ」を2022年1月14日に東京オートサロン2022で初公開しました。

 日本市場では14年ぶりのフルモデルチェンジとなりますが、新型フェアレディZはどのような仕様で導入されるのでしょうか。

 日産は、新型フェアレディZの米国仕様(米国名:Z)を2021年8月18日に世界初公開。

 この時、「日本仕様である『フェアレディZ』は、今冬の発表を予定しています」とアナウンスしており、日本市場への導入に期待が高まっていました。

 日産の内田誠社長は、新型「フェアレディZ」について「フェアレディZファンとして、今日ついにこの新型フェアレディZをお披露目できるということを、本当に嬉しく思います」とコメントしています。

 新型フェアレディZは、最高出力405馬力・最大トルク475Nmを発揮する3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTと9速ATのいずれかが組み合わされます。

 日本市場では、まず240台限定の特別車「Proto Spec」が導入されます。

 2020年に公開されたプロトタイプの新型フェアレディZから着想を得たモデルで、イカヅチイエローとスーパー*の2トーンのボディカラーや、チタニウムゴールド(専用カラー)のレイズ製19インチアルミ鍛造ホイール、4輪アルミキャリパー対抗ピストンブレーキ(イエロー)を採用。

 内装には本革・スエード調ファブリックコンビシート(イエローストライプ、イエローステッチ、イエローアクセントライン)を採用すると共に、インストパネルやMTシフトノブブーツなどに専用カラーステッチを施しました。

 特別車「Proto Spec」の価格は696万6300円(消費税込)で、発売時期は2022年6月下旬を予定しています。





18 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/14(金) 13:53:46.40

>>1

(‘人’)…

フロントグリルがシャッターかよ

>>2

シュトコーの魅死魔国友


43 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/14(金) 13:59:08.36

>>1
日産はゴーン体制になってからつまらんメーカーになったな

R32やS13の時代のワクワク感がなくなった


44 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/14(金) 13:59:11.71

>>1
コレはダサい
まるで軽自動車の様た
初代の足元にも及ばん


29 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/14(金) 13:56:05.97

これスペックからしたら安いとか言われてたよな
アメリカには安く売って日本ではぼったくるのか


38 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/14(金) 13:57:45.15

>>29
違う。日本人が、相対的に貧しくなった。