最新ニュースまとめ

ニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    2021年08月


    え、何が起こったんですか?

    1 シャチ ★ :2021/08/30(月) 01:51:52.59

    29日昼頃、自宅で妻の首を絞め殺害しようとしたとして浜松市中区の男(36)が殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

    逮捕されたのは、浜松市中区の男(36)で、29日午後0時頃、同居する妻(37)の首を両手で絞め殺害しようとした疑いがもたれています。

    妻は首に擦過傷を負いましたが、命に別条はないということです。
    警察は男の認否を明らかにしていません。

    警察によりますと2人は事件直前、昼食を作っていて、妻がハンバーグを、男がハンバーグのソースを担当。妻は男がソースを作っていないと勘違いし、それを指摘したところ首を絞められたということです。

    妻が警察に「夫に首を絞められた」と通報して事件が発覚しました。

    警察は日常的に夫婦間でトラブルがなかったか詳しく調べています。

    テレビ静岡
    https://news.yahoo.co.jp/articles/21618eef567f91b2b57e77bc49df9c92fad579bf


    【ハンバーグの調理めぐりトラブル?妻の首を絞め殺そうとした男を浜松で現行犯逮捕!】の続きを読む


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校中退。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立
    158キロバイト (19,414 語) - 2021年8月30日 (月) 17:23


    熱いですね!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/30(月) 20:24:20.39

    8/30(月) 20:21
    スポニチアネックス

    藤井聡太2冠、竜王初挑戦決定!豊島竜王とタイトル3戦連続対決へ
    第34期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局 2手目を指す永瀬拓矢王座(右)と藤井聡太二冠(30日午前10時1分、東京都渋谷区の将棋会館で)=代表撮影
     将棋の第34期竜王戦挑戦者決定3番勝負は30日、東京都渋谷区の将棋会館で第2局を行い、先手の藤井聡太2冠(19)=王位、棋聖=が77手で永瀬拓矢王座(28)を下し、2連勝で7番勝負初出場を決めた。10月9日に東京都内で開幕する7番勝負では豊島将之竜王(31)=叡王との2冠=に挑戦する。

     藤井―豊島のタイトル戦は今年、王位戦7番勝負(4勝1敗=藤井防衛)と叡王戦5番勝負(現在2勝2敗)でも実現しており、3連続で同じ相手とタイトル戦でぶつかることになった。

     叡王戦の最終第5局は9月13日。豊島叡王が勝てば防衛、藤井が勝てば史上初の10代3冠となる。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a99d98fef57a0fc7bc8b368dbb03c86bf109125a


    【藤井聡太2冠、永瀬拓矢王座に2連勝で竜王初挑戦決定!豊島竜王3戦連続対決へ】の続きを読む


    こわいですね。

    1 孤高の旅人 ★ :2021/08/31(火) 02:51:08.82

    不明の女子高生とみられる遺体発見 20代夫婦の逮捕状請求へ
    2021年8月31日 2時42分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210831/k10013233731000.html

    東京都内に住む18歳の女子高校生の行方が今月28日から分からなくなっていた事件で、接点があった20代の夫婦の話をもとに警視庁が山梨県の山の中を捜索したところ、女子高校生とみられる遺体が見つかりました。警視庁が確認を進めるとともに遺体を遺棄した疑いで逮捕状を請求する方針です。

    行方が分からなくなっていたのは東京・墨田区に住む18歳の女子高校生です。

    今月28日、「知り合いに会いに行く」と言って家を出たまま連絡が取れなくなり母親が110番通報したということで、警視庁が防犯カメラの映像を分析したところ、女子高校生が自宅近くで車に乗り込む様子が確認されたということです。

    この車の捜査から群馬県に住む20代の夫婦が女子高校生と接点があったことが分かり、任意で事情を聴いたところ「殺害して遺体を山梨県の山の中に遺棄した」という趣旨の話をしたということです。

    その後、警視庁が山梨県の山の中を捜索したところ、女子高校生とみられる遺体が見つかったことが捜査関係者への取材で分かりました。

    警視庁が確認を進めるとともに遺体を遺棄した疑いで逮捕状を請求する方針です。


    【行方不明の女子高生の遺体発見!20代夫婦の逮捕状請求へ「殺害して山に遺棄した」】の続きを読む


    株式会社サン宝石サンほうせき、英: SUNHOSEKI Co.,Ltd.)は、山梨県中央市山之神流通団地に本社を置く装身具業者。通称「サンホ」。 現社長の父により「大洋商会」として1967年(昭和42年)に創業。当初は山梨県西八代郡下部町(現・南巨摩郡身延町)にて印章業を営んでいた。後に山梨県の地
    9キロバイト (1,104 語) - 2021年8月30日 (月) 13:46


    泣けます。

    1 愛の戦士 ★ :2021/08/30(月) 15:40:32.95

    産経新聞 2021/8/30 11:43

    帝国データバンク甲府支店によると、オリジナルキャラクターの「ほっぺちゃん」を手掛けるアクセサリー・雑貨のサン宝石(山梨県中央市、資本金=2千万円)が27日に甲府地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。新型コロナウイルス感染拡大で販売が急減し、資金繰りが悪化した。負債総額は21億7千万円。

    サン宝石は昭和40年に創業し、54年に法人に改組。少女雑誌に広告を出し、アクセサリーや雑貨を通信販売を手掛け、その後、直営店を全国展開した。ほっぺちゃん人気もあり、平成25年9月期には42億6400万円を計上した。

    しかし、ほっぺちゃん人気に陰りが出たことや、同業他社と競合激化から、直営店を順次閉鎖し、収益が落ち込んでいった。さらに、新型コロナの影響で、令和2年9月期の売上高は4億9100万円に減少。このため資金繰りが悪化し、今回の事態となった。

    現在、スポンサー企業への打診を始めており、事業は継続している。

    https://www.sankei.com/article/20210830-YZWTRRCHL5JMXEESLHWW7IIR7U/


    【「ほっぺちゃん」のサン宝石が経営難で民事再生法申請。そんな苦境に動くのは…?】の続きを読む


    1849年 - チャールズ・ファイザーらによってニューヨークで創業。南北戦争時の北軍の医薬品はほとんどファイザーが製造した。 1949年 - 抗生物質テラマイシンが初の自社開発品として成功を収めた。 1970年 - 社名をチャールズ・ファイザー&カンパニー・インクから、ファイザー・インクに改めた。 1982年
    25キロバイト (2,778 語) - 2021年8月20日 (金) 04:40


    なんということでしょう。

    1 ebolanium2014 р ★ :2021/08/30(月) 01:49:36.60

    そんな中、製造元の1つである米ファイザー社が7月28日に公表した英語の研究論文が静かに波紋を広げている。

    その研究には世界各国の4万人以上が参加。
    ファイザー製ワクチンの2回目接種から最大6か月間に及ぶ大規模な追跡調査を行った。

    その結果、ワクチン接種によって発症を防げた人の割合を示す「有効率」は91%をマークした。
    通常のインフルエンザワクチンの有効率は30~50%程度とされるので、かなり高い効果があるといえる。

    だが多くの研究者が驚いたのは有効率ではなく、ワクチン接種後の「死亡率」だった。

    研究では、16才以上の参加者約4万人を「ワクチン接種群(約2万人)」と、正式なワクチンではない偽薬を与えた
    「プラセボ群(約2万人)」に分けて、接種後の安全性を確認する追跡調査も行った。

    その結果、管理期間中に死亡したのは、ワクチン接種群が15人、プラセボ群が14人だった。つまり、ワクチンを打っても打たなくても、
    死亡する確率はほとんど変わらなかったのだ。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんがこの結果の衝撃度を語る。

    「その研究はファイザーの研究者と、ワクチンを共同開発した独ビオンテック社の研究者が行ったもので、
    4万人を追跡調査する世界最大規模の研究です。これほどの規模の研究はほかにありません。

    意外な発見として注目されたポイントは、ワクチン接種群とプラセボ群の死亡率に差がなかったことです。
    実際に研究者の間ではこの結果が議論の的になっていて、“一体どういうことなんだ”と戸惑う専門家がいるほどです」

    複数回答による死因を見ると、ワクチン接種群はコロナによる肺炎で1人が死亡、プラセボ群はコロナそのもので2人が死亡した。
    コロナと直接関連する死者は合わせて3人で、ここでも接種群とプラセボ群に差がなかった。

    その他の死因では「心肺機能停止」「動脈硬化症」「多臓器不全症候群」「肺炎」などが見られた。
    これにおいても、接種群でもプラセボ群でも特段の偏りはなかった。

    接種によって感染は予防できていることは明らかになった。しかし、打っても打たなくても、亡くなる人の数(死亡率)が
    変わらないなら、接種する必要性が揺らぐ。それだけに、大きなインパクトを持つ研究結果だったといえる。

    新潟大学名誉教授の岡田正彦さんは同研究の参加者のうち、コロナに感染した人が何人亡くなったかに着目する。

    「その研究では、ワクチン接種群の感染者が77人で15人が死亡、プラセボ群の感染者が850人で14人が死亡しました。
    ここからそれぞれの感染者の『死亡率』を計算すると、ワクチン接種群が19%でプラセボ群が1.6%です。
    つまり、ワクチンを接種した人がコロナに感染すると、死亡する確率が異常に高くなることがわかります。
    原因や理由はわかりませんが、データはそう示しています。

    通常、ワクチンの製造元は自分たちが不利になるデータは公にしないものですが、
    ファイザーはこのデータをよく出してきたと思います。それほど驚きの研究結果であり、さらなる調査結果の公表が待たれます」
    https://www.news-postseven.com/archives/20210829_1686842.html?DETAIL


    前スレ
    【衝撃】ワクチン接種者と偽薬接種者の死亡率が同じ ファイザー公表データの意味 ★6 [ebolanium2014 р★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1630250675/

    ★1が立った日時  2021/08/29(日) 14:51:57.88


    【【衝撃】ワクチン接種者と偽薬接種者の死亡率が同じ!?【ファイザー公表データ】】の続きを読む

    このページのトップヘ