最新ニュースまとめ

ニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 政治


    中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。戦前戦後に衆議院議員を務めた岸田正記は祖父。参議院議員・経済産業大臣を務めた宮澤洋一は従兄弟。 東京都渋谷区に生まれる。父・岸田文武は広島県出身の通産官僚だった。岸田家は広島の一族であるため、一家は毎年夏に広島に文雄を連れて帰省し、文雄は広島原爆の被爆者たちから当時の話を聞いた。岸田
    97キロバイト (12,208 語) - 2021年10月6日 (水) 14:38


    いろいろ変わりますね。

    1 ボラえもん ★ :2021/10/06(水) 21:04:58.14

    岸田総裁は総裁選中から、安倍・菅内閣で進められてきた新自由主義的な経済政策を批判し、再分配重視の経済政策を掲げていた。
    またコロナ対策では、これまでの政権が消極的だったPCR検査の大幅な拡大を主張している。
    野党が掲げる政策にも似た、こうした政策をもし本当に実行したなら、菅内閣から岸田内閣への変化は、「疑似政権交代」と呼ぶこともできるだろう。

    しかし、党や内閣の要職が安倍・麻生ら旧体制の「キングメーカー」たちの息のかかった人たちで占められたとき、
    果たして手厚い分配を標榜する岸田政策は実現可能だろうか。
    たとえば麻生前財務相は一貫して給付金などの積極財政に否定的だったが、先述したように新しい財務相は彼の義弟なのだ。
    岸田首相は、新自由主義改革の温床となってきた「成長戦略会議」をはじめとする審議会を廃止すると述べた。
    しかし、それに代わって設置するとしている審議会の概要はいまだ定まらず、選挙後には再び新自由主義的な民間議員を含む会議が復活しているかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/be05e082a35e28f5903247b8ba6170352152dc2c?page=2


    成長戦略会議に竹中平蔵氏 委員8人発表、今夕に初会合
    2020年10月16日 16時30分
     政府は16日、菅政権で新たに立ち上げた「成長戦略会議」(議長=加藤勝信官房長官)のメンバーを発表した。
    有識者委員として慶応大名誉教授の竹中平蔵パソナ会長や、国際政治学者の三浦瑠麗氏、小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長ら8人が入る。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/be05e082a35e28f5903247b8ba6170352152dc2c?page=2


    【岸田文雄、竹中平蔵氏らの「成長戦略会議」を廃止へ!新自由主義からの転換か】の続きを読む


    国土交通大臣 (国交相からのリダイレクト)
    Infrastructure, Transport and Tourism)は、日本の国土交通省の長および主任の大臣たる国務大臣。 通称は国交相(こっこうしょう)、略称は国交大臣(こっこうだいじん)。 日本の国土交通省の主任の大臣である。国土の総合的、体系的な利用、開発、保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進等を担う。
    12キロバイト (624 語) - 2021年10月4日 (月) 15:54


    再び旅行できる日が…!!

    1 リョーちゃん(福岡県) [US] :2021/10/05(火) 16:17:14.43


    https://news.livedoor.com/article/detail/20977820/

    GoToトラベル事業、再開に向け検討。

    斉藤鉄夫国交相「感染症対策と経済の回復を両立させる観点から、感染状況も勘案し、
    再開のタイミングや内容等について検討する」

    斉藤鉄夫国土交通相は、就任後、初めてとなる5日の閣議後会見で、GoToトラベル事業について、
    新型コロナウイルスの感染状況を勘案し、再開を検討していく考えを示した。

    そして斉藤大臣は、GoToトラベルは、観光地や地域経済の維持復興に大変重要で、
    必要不可欠な事業と述べ、再開に向けた意義を強調した。


    【【速報】斉藤鉄夫国交相、「GoToトラベル」再開に向け検討「必要不可欠な事業」】の続きを読む


    小泉 進次郎(こいずみ しんじろう、1981年〈昭和56年〉4月14日 - )は、日本の政治家。学位はM.A.(コロンビア大学・2006年)。自由民主党所属の衆議院議員(4期)。血液型はAB型。 環境大臣(第27・28代)、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民
    42キロバイト (5,412 語) - 2021年10月5日 (火) 04:32



    1 ボラえもん ★ :2021/10/06(水) 00:03:25.68

    #再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)

    岸田新内閣の発足とともに環境相のポストから外れた小泉進次郎氏。自民党総裁選で河野太郎氏を支持し、
    「小石河連合」を組んで岸田陣営と真っ向勝負したものの結果は「完敗」(小泉氏)。
    そして小泉氏は5日、2年間大臣として過ごした環境省を去った。小泉氏の環境省最後の一日を取材した。

    ■吹っ切れた笑顔で感謝の言葉を述べた
    「ありがとうございました」
    小泉氏は職員からもらった花束を手に、見送りの職員40人程に頭を下げながら退庁した。そして車に乗る際に笑顔でこう感謝の言葉を述べた。

    その笑顔は総裁選直後の思い詰めた表情と比べ、どこか吹っ切れたように見えた。

    ■大臣引き継ぎ式
    これに先立ち小泉氏は、新大臣となった山口壮氏と引き継ぎ式を行った。
    大臣室に入室した小泉氏は「どうも大臣。今後ともぜひ頑張ってください」と山口氏に語りかけた。

    これに対して山口氏は「COP26に向けて対処方針を作っていくよう、昨日総理からも指示を受けました。
    小泉大臣が切り開かれた新たな地平線だと思いますので、しっかりと引き継いで頑張らせて頂きます」と挨拶した。

    ■「環境省は社会変革担当省になった」
    その後小泉氏は環境省の幹部に向かって最後の挨拶に臨んだ。

    「前大臣の小泉進次郎です(笑)。皆さん大変お世話になりました。
    2年前のことを思い返しても、本当に非力な私を全力で支えて頂いて、そのおかげで2年間、世の中を皆さんとともに前進させられたと思っています。
    大臣に就任した時に、環境省は社会変革担当省になると言いました。2年前のことを思いかえせば、その言葉は嘘でなかったと思います」

    小泉氏が在任した2年間は、石炭火力政策の見直しや、2050年カーボンニュートラルの目標設定、
    再生エネルギー最優先の原則の位置づけなど、環境省の施策はまさに「社会変革以外の何物でもない」(小泉氏)進展を見せた。

    「いろんな大変なこともこれからあると思いますがやればできる。私もどんな立場であっても、皆さんと一緒に歩んでいきたいと思います。
    どうぞ皆さん、私が賜った温かいご支援とご協力を山口新大臣に対しても格別のご高配を賜ればと私からも申し上げます」

    ■「自分の人生にとって大きな節目が重なった」
    そして小泉氏はこの2年間を「自分の人生にとって大きな節目が重なった」と語った。

    「子どもが生まれて、大臣として『男性育休を取ってくれ』と言ったのは環境省の職員です。
    その後にコロナとなり、大臣という政治家としての大きな変化があった。
    正直言って、この変化の連続に私自身四苦八苦しながら、必死に自分を合わせていこうという2年間だった気がします。
    改めて私は確信をしています。政治と行政、政治家と官僚で熱い思いが一致した時、世の中の大きな変化は実現できる。
    それを実証してくれた2年間、心から皆さんに感謝申し上げたいと思います」

    そして最後に小泉氏は幹部と職員に対してこう語った。
    「心残りはコロナじゃなければ、飲み会や慰労会で『ありがとう』と言えたのに、それができなかった日々のまま終わることです。
    コロナが明けてその時が可能になったら、私がどんな立場でもやりましょう。
    そのときを楽しみに、一衆議院議員として頑張っていきます。皆さん本当にありがとうございました」

    ■小泉氏は再び表舞台に戻ることが出来るか
    小泉氏は政治の表舞台から去り、1人の衆議院議員に戻った。
    ちょうど1年前、総裁選に敗れた岸田氏は「岸田は終わった」と揶揄され、党の役職に就くこともなく表舞台から姿を消した。
    当時まさか1年後に岸田氏が総理になると予想した者はいただろうか。

    小泉氏は初当選以来、党の青年局長からスタートし、復興大臣政務官を経て党の農林部会長に抜擢され、
    筆頭副幹事長、厚労部会長、そして環境相と出世街道をばく進してきた。
    しかし環境相就任後バッシングの嵐が吹き始め、ついに総裁選で敗れて初めて“冷や飯”を食べることになった。
    かつて未来の総理ポストを嘱望された小泉氏が、捲土重来を期して再び表舞台に戻ることが出来るのか、筆者は引き続きウォッチしていく。

    【執筆:フジテレビ 解説委員 鈴木款】
    https://www.fnn.jp/articles/-/249044

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633441491/


    【元「未来の総理」小泉進次郎が人生初の“冷や飯”!再び表舞台に戻れるか?】の続きを読む


    中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。戦前戦後に衆議院議員を務めた岸田正記は祖父。参議院議員・経済産業大臣を務めた宮澤洋一は従兄弟。 東京都渋谷区に生まれる。父・岸田文武は広島県出身の通産官僚だった。岸田家は広島の一族であるため、一家は毎年夏に広島に文雄を連れて帰省し、文雄は広島原爆の被爆者たちから当時の話を聞いた。岸田
    95キロバイト (11,957 語) - 2021年10月4日 (月) 21:06


    これはおかしい

    2 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/05(火) 06:23:02.59

    >>1
    Several days ago, my Japanese friend skyped me with a weep that he hadn't been vaccinated yet because the city in which he dwelt failed to supply enough vaccine for her citizens. Surprisingly enough, his city is not a special case. In Japan, there are said to be many people who are yet to be vaccinated though they'd like.

    I wondered why this happened whereas Japan had imported an enough amount of vaccine to inject all Japanese people. I have to conclude that the Japanese government made the same cunning scheme as Frederi* the Great, German King, made to encourage his people to eat potatoes which were mis-guessed to be ugly and poisonous by them.
    It is well-known, that he, in spite of his disrespect to Machiavelli, made a lot of Machiavellic policies. He declared that potatoes were the food only for elites and commoners should not eat them, so that people got inclined to eat that "noble vegetable".
    The Japanese government insists on its shortage of vaccine, and thereby Japanese people begin to regard vaccine as precious, and as a consequence of that, people come to desire to be vaccinated.

    This scheme may apparently be wise. However, considering that, the sooner the vaccination of the entire country is, the better it is goes without saying, the plan is just delaying the complete vaccination and harassing the people. It is hardly possible for me to imagine any wi*edness worse than the Japanese government.


    【岸田文雄、女性・非正規・学生に向け現金給付を検討!「逆に男女差別では?」】の続きを読む


    中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。戦前戦後に衆議院議員を務めた岸田正記は祖父。参議院議員・経済産業大臣を務めた宮澤洋一は従兄弟。 東京都渋谷区に生まれる。父・岸田文武は広島県出身の通産官僚だった。岸田家は広島の一族であるため、一家は毎年夏に広島に文雄を連れて帰省し、文雄は広島原爆の被爆者たちから当時の話を聞いた。岸田
    95キロバイト (11,957 語) - 2021年10月4日 (月) 21:06


    小泉さん、好きだったのになー

    1 ボラえもん ★ :2021/10/04(月) 23:01:25.18

     自民党の岸田文雄総裁が、4日国会の首相指名を受け、新内閣を発足させる。
    新内閣の陣容がほぼ固まったとして各メディアに報じられ、自民総裁選で敗れた河野太郎氏を強く支持した小泉進次郎環境相は、自民新執行部や閣僚からも外れる見込みとなっている。

     後任の環境相には山口壮氏の就任が有力と報じられている。
    特にネット上では総裁選後から、進次郎氏が推進した「レジ袋有料化」の再考を求める投稿が相次いでいたが、これがさらに加速。
    岸田政権や新環境相に再考、撤廃を検討するよう求める投稿が相次いでいる。

     この日も「レジ袋有料化はやっぱつらかった」「進次郎いなくなったらレジ袋とストロー復活するの?」「無料レジ袋が復活しないか期待している」との投稿が相次いでいる。

     新環境相に向けて、「真っ先に環境大臣誰なのか確認した」「新しい大臣の方にレジ袋の無料化をお願いしたい」
    「レジ袋は有料ですがどういたしましょうか?」「レジ袋を戻してくれると良いなぁ」「早急にレジ袋有料化撤廃をお願いしたい」
    「レジ袋の見直しをよろしくお願い致します」「早速ですがお願いがございます どうぞレジ袋有料を停止する自由をお願い致します」「元に戻してください」との陳情が続き、
    「環境大臣はレジ袋有料化を廃止するだけで内閣支持率爆上げ」「岸田政権、レジ袋を無料に戻すだけでしばらく安泰」「レジ袋有料化を廃止したら救世主」とのコメント投稿もみられる。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b032eceaaf2894ef8863b54c6853a047285ad3cc

    ★1が立った時間:2021/10/04(月) 18:49:50.75
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633351371/


    【岸田文雄「レジ袋を無料に戻せ!」 小泉進次郎は失脚確定?環境大臣に“陳情”殺到!】の続きを読む
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    スポンサーリンク
    ブログランキング
    逆アクセスランキング
    当ブログについて
    当サイトはニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。 記事・ツイートの削除依頼などは、メール・メールフォームからご遠慮なくお申し付けください。 当ブログメールアドレス saishinnews◆outlook.jp (◆を@に変換して下さい) 【相互リンク・RSSについて】 当サイトは、リンクフリーです。 相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。 確認が出来次第こちらにも追加いたします。 また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、 管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。 サイト名・・・最新ニュースまとめ サイトURL・・・https://saishinnewsmatome.blog.jp/ RSSURL・・・https://saishinnewsmatome.blog.jp/index.rdf 【著作権について】 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する目的または意図は全くございません。 掲載に問題がある場合は、削除対応をさせて頂きますので お手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。
    プライバシーポリシー
    ◆個人情報の管理について◆ 本サイト【最新ニュースまとめ】(以下、当サイト)では、 お問い合わせ内容に関する対応・確認・相談および、 情報提供のメール送信(返信)の目的以外には使用しません。 お問い合わせの際に取得しました個人情報を第三者へ開示することは一切いたしません。 警察や裁判所などの公的機関より、書面による請求がありました場合、 法令順守・公序良俗に従い、ただちに請求のあった個人情報を開示します。 ◆当サイトに掲載されている広告について◆ 当サイトでは第三者配信による広告サービス 「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を使用しております。 広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づきまして、 広告を配信しています。 広告を配信する際、ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得、使用する事があります。 詳しくは以下のサイトをご覧ください。 https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/ ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を使用できないようにする方法につきましては、 以下のサイトをご覧いただきまして、設定の変更を行ってください。 https://adssettings.google.com/anonymous?sig=ACi0TChAgm9xdS9TvOQrx9_Kq45QopshPWM_PtVdEqMm57WYkwrPKMDKd6SGY-k1x7dHzdIIxZB8XoRHFQBbxollbhT4xoUI8brlyZhuq0z0VT45OH3zEQs&hl=ja 詳細につきましては、以下の「Google Adsense(グーグルアドセンス)」 「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html 運営者:最新ニュースまとめ管理人 連絡先:saishinnews@outlook.jp

    このページのトップヘ