最新ニュースまとめ

ニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 芸能


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・映画監督・作家およびコメンテーター。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。左利き。
    52キロバイト (6,773 語) - 2021年8月26日 (木) 16:57


    威嚇されたという話も。

    1 アシドバクテリウム(東京都) [ニダ] :2021/08/28(土) 23:49:40.41


    2021年8月28日の18時30分から放送された『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』にて松本人志と
    爆笑問題の共演が7年ぶりに見られ話題となった。

    この番組の松本人志がキャプテン、そして中居正広やナインティナインの2人、その他大勢の芸人やアーティストらと
    歌と笑いの祭典を放送するというもの。

    お笑い芸人とアーティストがコラボするという普段は見られない内容になっている。

    そんな同番組のトリを勤めたのは爆笑問題。太田光の妻、太田光代は「今夜、爆笑問題はネタで参加します!よろしくお願いします」とツイート。
    案の定いつもの時事ネタや「明日はワイドナショーを見ないでサンデー・ジャポンを見て下さい」と他局を宣伝したりと湧かせた。

    爆笑問題の漫才が終わるとスタジオに来て松本人志とはしゃぎ絡み。周りの矢部が「周りの大人が勝手にピリピリしてるだけなんですか?」と
    聞くと、松本人志は「この人(太田)の奥さんにフォローされて威嚇されてるみたい」と返したところ、
    太田は「威嚇してるのはそっちでしょーが!」とヒヤっとさせる一言を。田中はその一言を聞いて立ち上がりグーで
    太田を殴りだし「俺がやっつけますから」と相当焦ったようだ。

    中居がその場を沈めるかのように話を変え「ナインティナインも共演無かったから」と言うと矢部が「ダウンタウンのチンカスですから」と自虐ネタ。

    ただ松本は太田のことをめんどくさそうにしており最後には「あんま絡みたくない」と言い放った。

    『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』は2夜連続放送となっており、2日目は2021年8月29日の18時59分から放送なるほか、
    ワイドナショー枠(朝10時)からも放送される。

    https://gogotsu.com/archives/65284

    (出典 dotup.org)


    (出典 dotup.org)


    【松本人志と爆笑問題が7年ぶりの共演!不仲説の真偽は?「あんま絡みたくない」】の続きを読む


    野々村 (ののむら まこと、本名同じ、1964年〈昭和39年〉6月24日 - )は、日本のタレント、俳優、司会者。旧芸名は野々村 誠。東京都文京区本郷出身。スターダストプロモーション所属。 妻は野々村俊恵(旧芸名・坂上とし恵)で、一女一男の父親。長女は野々村香音で、他に長男(香音の弟)がいる。血液型はA型。
    22キロバイト (2,677 語) - 2021年8月25日 (水) 14:01


    なんと・・・!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/08/24(火) 23:33:31.75

    芸能
    エンタメニュース
    投稿日:2021/08/24 06:00 更新日:2021/08/24 06:00
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2012053/

    (出典 img.jisin.jp)


    一時は酸素吸入器を使用するまで症状が悪化するなど、新型コロナウイルスによって“命の危機”に晒された野々村真(57)。今は容体が安定し、妻の俊恵(57)とLINEのやり取りができるまでには回復したという。

    なんとか一命はとりとめた野々村だが、感染源に衝撃的な事実が隠されているというのだ。

    7月30日に仕事先で感染者が発生し、濃厚接触者となったことで陽性が判明した野々村。

    この“仕事先”というのが、クラスター感染を起こしたことが報じられているABCテレビ制作のドラマだった。

    「野々村さんは7月に上演されたミュージカル『オープニングナイト 桜咲高校ミュージカル部』のドラマ化作品の撮影に参加していました。エリート進学校のミュージカル部を描いた学園もので、7月の舞台には野々村さんをはじめ、『私立恵比寿中学』の星名美怜さん(23)など同じ事務所の後輩アイドルグループの面々も出演。ドラマにも同じキャストが出演する予定だといいます。

    しかし7月下旬の撮影開始後から、星名さんら出演するアイドルたちが次々と新型コロナに感染。ドラマ撮影現場でこの規模のクラスターは業界初と言われています。ABCとしては、ドラマの制作発表前にクラスターが起こってしまったので、感染した出演者の詳細は一切明かしていません」(在阪テレビ局関係者)

    ABCテレビは8月2日に6人、3日に新たに3人の出演者が感染したことを発表。18日には4人の出演者やスタッフの感染を発表し、感染者は計13人に。

    また、同日の発表では感染者の1人が入院加療中であることを明かしており、当時すでに入院していた野々村の状況とも一致する。

    野々村の“命の危機”を招いたドラマのクラスター感染。各局はこうした事態が起きないよう昨年から厳しい対策を講じていた。

    「昨年春に緊急事態宣言が発出されたことをきっかけに、撮影時間を大幅に短縮、出演者やスタッフに撮影開始前にPCR検査を受けるよう求めるといった細かいマニュアルを各局で策定していました」(前出・テレビ局関係者)

    しかし、いま猛威を振るっているのは昨年の新型コロナ発生初期とは比較にならない感染力を持つといわれているデルタ株だ。

    のぞみクリニックの筋野恵介院長は現状の対策に警鐘を鳴らす。

    「テレビ局もやれることをやっているとは思いますが、どうしても人と人が近くなりますし、現実的に感染を完全に防ぐのは厳しいと思います。また、現在の対策はコロナ初期に言われていた飛沫対策に重点が置かれている気がします。

    デルタ株は感染力が強いので、空気感染対策へのアップデートをしなければ再びクラスターが発生するような事態になりかねません」

    実際、デルタ株の脅威に各局の対策が追い付いていないという。

    「この夏から急速にデルタ株が蔓延したことで、まだ制作現場も対応しきれていません。約1年前のマニュアルのまま進行している現場がほとんどです」(前出・在阪テレビ局関係者)

    野々村はじめ、13人もの感染者を出し、まだ13人の濃厚接触者がいるという今回のドラマ。

    制作が中止になる可能性もあるのだろうか。ABCテレビに尋ねると、「このたびはご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます」としたうえで、次の回答が。

    「弊社としてはこのドラマについては出演者、タイトルともに発表していませんので、未発表ドラマについての回答になります。今後の制作予定については中止になるかも含めて未定です」

    野々村をはじめ、出演者の命を守るためにも、テレビ局の対応に“変異”が求められている。


    【【隠蔽】野々村真、感染源はABCテレビのクラスタードラマだった…!】の続きを読む


    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年〈昭和44年〉4月26日 - )は日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。相方は山本圭壱。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)との専属マネジメント契約→エージェント契約を経て、2
    52キロバイト (7,653 語) - 2021年8月24日 (火) 22:06


    やば・・・

    1 クロストリジウム(やわらか銀行) [US] :2021/08/26(木) 12:14:33.12


     
    加藤浩次が謝罪「深くおわび」 スッキリでアイヌ民族への不適切表現検証
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108260000208.html

    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1430707633640542212/pu/vid/640x360/e6SyEoswY5jpc6Ti.mp4
     


    【【動画】加藤浩次さん、アイヌ民族様にジャンピング土下座謝罪wwwwww】の続きを読む


    西野 七瀬(にしの ななせ、1994年〈平成6年〉5月25日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー、『non-no』専属モデルである。大阪府出身。身長159 cm。血液型はO型。乃木坂46合同会社所属。愛称は、なぁちゃん、ななせまる。兄は俳優の西野太盛。
    105キロバイト (14,195 語) - 2021年8月24日 (火) 22:48


    楽しみですね!

    1 ジョーカーマン ★ :2021/08/25(水) 07:09:15.02

    女優の西野七瀬が、10月スタートのテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ「言霊荘」(よる11:00?11:30放送)にてテレ朝ドラマ初主演を飾る。

    テレビ朝日×ABEMAが送る“美しい禁断のホラードラマ”
    昨今、『犬鳴村』(2020年)や『事故物件 怖い間取り』(2020年)、『樹海村』(2021年)などがたて続けにヒットし、ジャパニーズホラーブームが再び到来。

    今作は、とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、《言霊》という“人ならざる者”に住人女性たちが次々と苛まれていくという、これまでにない類の恐怖が襲うスリリングな地上波初の《美しい禁断のホラードラマ》となっている。

    浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた物語で大きな話題を呼んだ『M 愛すべき人がいて』(原作:小松成美著・幻冬舎刊)以来となるテレビ朝日×ABEMAの強力タッグに期待が高まる。

    西野七瀬、テレ朝ドラマ初出演にして初主演
    主人公を演じるのは、近年女優としての活躍が目覚ましい西野。テレ朝ドラマ初出演にして初主演を務める。

    『あなたの番です』(2019)での怪演ぶりなど、その勢いが留まるところを知らない西野が今作で演じるのは、言葉の力を信じ、人々の幸せを願う底辺ViewTuberの主人公・歌川言葉(コトハ)。

    友人の紹介で女性限定マンション「レディスコート葉鳥」の7号室へ移り住んだことをきっかけに、マンション内で発した言葉が現実になるという怪奇現象に巻き込まれ、《言霊》に翻弄されていくことに。

    「ホラー作品のドラマはあまり見たことがなかったので珍しいと感じましたし、私自身は怖い作品が好きなので、今回出演させていただけると聞いて、とてもうれしかったです」と語る西野が、今作でコトハという役を通してどんな新しい一面を魅せてくれるのかに注目だ。

    永山絢斗・斉藤由貴ら演技派共演陣も
    ひょんなことからコトハと知り合い、レディスコート葉鳥の騒動に巻き込まれていく自称・霊能者の中目零至(レイシ)役は永山絢斗が演じる。

    繊細な役からちょっと残念な役、時代劇から現代劇まで、まるでカメレオンのごとく作品ごとにさまざまな表情を見せる永山。
    今回演じるレイシは、霊能者と称して霊感商法でぼろ儲けを目論むも、悪人になり切れない人の良さから成功せず、かといって他に取り柄もない…というダメ男。
    永山が新たな引き出しを披露してくれることになりそうだ。

    また、レイシの叔母で女性宮司の岩戸志麻(トシマ)を演じるのは斉藤由貴。
    かわいらしい役から妖艶な役、シリアスな演技もコミカルな演技も、自分のものにして演じる唯一無二の斉藤。

    今回演じるトシマには除霊師としての一面があり、コトハとレイシが除霊を依頼すると、危険手当100万円を要求して二人を突き放す。
    さらに、除霊能力のほども不明で、なにやらひと癖もふた癖もありそうな予感。斉藤がその高い演技力でどのように表現するのかに期待したい。

    ヒットメーカー・橋本裕志×ホラーの名手・落合正幸の強力タッグ
    脚本を手掛けるのは、これまで数々のヒット作を長年に渡って世に出し続け、近年も『ビリギャル』(2015年)などの映画や『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(2018年)、『エアガール』(2021年)などのドラマを手掛けるヒットメーカー・橋本裕志。
    今作は、コメディから重厚な作品まで幅広いジャンルで活躍してきた橋本自身、初のホラー。新たなジャンルで、その実力を遺憾なく発揮する。

    そして演出を務めるのは、『感染』(2004年)や『怪談レストラン』(2010年)、『呪怨-ザ・ファイナル-』(2015年)などの映画や、『世にも奇妙な物語』シリーズなどのドラマを手掛け、《ホラーの名手》として知られる落合正幸。
    見る者を恐怖に震えさせながらも夢中にさせるその世界観で、『言霊荘』を作り上げる。

    全文
    http://mdpr.jp/news/detail/2735231

    西野七瀬、テレ朝ドラマ初主演決定! 「言霊荘」(左から)永山絢斗・西野七瀬・斉藤由貴

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    元乃木坂46 西野七瀬

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【元乃木坂・西野七瀬「言霊荘」ドラマ初主演決定!女優として勢いが止まらない!】の続きを読む


    島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年〈昭和31年〉3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント・漫才師・司会者・歌手・俳優・作詞家・プロデューサー。本名は長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。京都府京都市南区出身。 1977年に漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」を結成。1985年の解散後は芸能界を
    90キロバイト (14,160 語) - 2021年7月29日 (木) 13:44


    レジェンドの引退はおおきかったですね。

    1 牛丼 ★ :2021/08/24(火) 04:51:53.83

     2011年8月23日深夜、お笑い芸人・島田紳助さんが緊急記者会見に登場し、「暴力団関係者と親密な付き合いがあった」として、この日、芸能界からの引退を宣言する。

    「どうも皆さん、こんな時間にお集りいただきまして、島田紳助の切腹の介錯をしていただきまして、本当にありがとうございました。悔いはありません。多くの方に出会えて感謝の気持ちでいっぱいです。そして自分の認識の甘さ、この3日間、十分反省した結果、ぶれることなく引退します。どうもありがとうございました」

     漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」のボケ担当として活躍し、コンビ解散後は司会業に転身。売れっ子司会者として、『クイズ!ヘキサゴン』『行列のできる法律相談所』『開運!なんでも鑑定団』など、各局にレギュラー番組を数多く持っていた。紳助さんの抜けた穴は大きく、芸能界はしばらく揺れることになる。

     紳助さんが歩んできたキャリアについて、お笑い評論家・ラリー遠田さんが、こう語る。

    「コンビ解散後の島田紳助さんは、司会者として幅広いジャンルの番組を手がけてきました。なかでも特筆すべきは、1989年に始まった政治討論番組『サンデープロジェクト』で司会を務めたことです。当時は芸人が報道番組に出るのは異例のことでした」

     オファーが来た当初は「ジャンル外」として断っていたが、最終的に、2004年までの15年間にわたって司会を務めた。その後も、『歌のトップテン』や『オールスター感謝祭』『人生が変わる1分間の深イイ話』など、人気番組に長年レギュラーとして出演を続けた。

    「司会者として活躍する一方、プロデューサー的な立場でも才能を発揮し、数々の番組を成功に導いてきました。2001年にスタートした漫才日本一を決める『M-1グランプリ』は、紳助さんの肝いりで始まったお笑いコンテストです。お笑いのイベントでありながら、格闘技の大会のような真剣勝負の空気を作ったことで、『M-1』はお笑い界を代表する空前の人気コンテンツに成長しました。

     紳助さんのアクの強い芸風は好き嫌いが分かれるところもありますが、司会者としてもプロデューサーとしても並外れた功績を残したと言えるでしょう」

     2011年に引退して以来、まれにインタビューに答えることもあるが、芸能界への復帰は否定している。とはいえ、親しい芸能人との交流は続いているようで、いまでもさまざまな番組で、紳助さんのエピソードが語られる。

     たとえば、2018年7月には、『クイズ!ヘキサゴン』にレギュラー出演し、お*キャラでブレイクしたつるの剛士が、紳助さんの人間性と、独特の存在感についてこう語っている。

    「泣いたり、笑ったり、怒ったりする、すごく人間味あふれる方だった。本番前とかに、前室に紳助さんが入って来られるとピリッとして空気が変わる。そういったものが(いまは)なくなっちゃたような気がする。100%でぶつかってこられる方だった。人対人の緊張感があった」(『橋下徹の即リプ!』より)

     テレビがつまらなくなったのは、やはり紳助さんが引退したことも大きいのかもしれない。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7415fb2af8b43b93f0bb9887e2fe5c9be9fcb7b1
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629722434/


    【島田紳助、引退から10年。テレビがつまらなくなったのは、紳助が消えたから…?】の続きを読む
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    スポンサーリンク
    ブログランキング
    逆アクセスランキング
    当ブログについて
    当サイトはニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。 記事・ツイートの削除依頼などは、メール・メールフォームからご遠慮なくお申し付けください。 当ブログメールアドレス saishinnews◆outlook.jp (◆を@に変換して下さい) 【相互リンク・RSSについて】 当サイトは、リンクフリーです。 相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。 確認が出来次第こちらにも追加いたします。 また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、 管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。 サイト名・・・最新ニュースまとめ サイトURL・・・https://saishinnewsmatome.blog.jp/ RSSURL・・・https://saishinnewsmatome.blog.jp/index.rdf 【著作権について】 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する目的または意図は全くございません。 掲載に問題がある場合は、削除対応をさせて頂きますので お手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。
    プライバシーポリシー
    ◆個人情報の管理について◆ 本サイト【最新ニュースまとめ】(以下、当サイト)では、 お問い合わせ内容に関する対応・確認・相談および、 情報提供のメール送信(返信)の目的以外には使用しません。 お問い合わせの際に取得しました個人情報を第三者へ開示することは一切いたしません。 警察や裁判所などの公的機関より、書面による請求がありました場合、 法令順守・公序良俗に従い、ただちに請求のあった個人情報を開示します。 ◆当サイトに掲載されている広告について◆ 当サイトでは第三者配信による広告サービス 「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を使用しております。 広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づきまして、 広告を配信しています。 広告を配信する際、ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得、使用する事があります。 詳しくは以下のサイトをご覧ください。 https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/ ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を使用できないようにする方法につきましては、 以下のサイトをご覧いただきまして、設定の変更を行ってください。 https://adssettings.google.com/anonymous?sig=ACi0TChAgm9xdS9TvOQrx9_Kq45QopshPWM_PtVdEqMm57WYkwrPKMDKd6SGY-k1x7dHzdIIxZB8XoRHFQBbxollbhT4xoUI8brlyZhuq0z0VT45OH3zEQs&hl=ja 詳細につきましては、以下の「Google Adsense(グーグルアドセンス)」 「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html 運営者:最新ニュースまとめ管理人 連絡先:saishinnews@outlook.jp

    このページのトップヘ