最新ニュースまとめ

ニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    カテゴリ: 芸能


    西野 七瀬(にしの ななせ、1994年〈平成6年〉5月25日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレントであり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー、『non-no』専属モデルである。大阪府出身。身長159 cm。血液型はO型。乃木坂46合同会社所属。愛称は、なぁちゃん、ななせまる。兄は俳優の西野太盛。
    105キロバイト (14,195 語) - 2021年8月24日 (火) 22:48


    楽しみですね!

    1 ジョーカーマン ★ :2021/08/25(水) 07:09:15.02

    女優の西野七瀬が、10月スタートのテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ「言霊荘」(よる11:00?11:30放送)にてテレ朝ドラマ初主演を飾る。

    テレビ朝日×ABEMAが送る“美しい禁断のホラードラマ”
    昨今、『犬鳴村』(2020年)や『事故物件 怖い間取り』(2020年)、『樹海村』(2021年)などがたて続けにヒットし、ジャパニーズホラーブームが再び到来。

    今作は、とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、《言霊》という“人ならざる者”に住人女性たちが次々と苛まれていくという、これまでにない類の恐怖が襲うスリリングな地上波初の《美しい禁断のホラードラマ》となっている。

    浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた物語で大きな話題を呼んだ『M 愛すべき人がいて』(原作:小松成美著・幻冬舎刊)以来となるテレビ朝日×ABEMAの強力タッグに期待が高まる。

    西野七瀬、テレ朝ドラマ初出演にして初主演
    主人公を演じるのは、近年女優としての活躍が目覚ましい西野。テレ朝ドラマ初出演にして初主演を務める。

    『あなたの番です』(2019)での怪演ぶりなど、その勢いが留まるところを知らない西野が今作で演じるのは、言葉の力を信じ、人々の幸せを願う底辺ViewTuberの主人公・歌川言葉(コトハ)。

    友人の紹介で女性限定マンション「レディスコート葉鳥」の7号室へ移り住んだことをきっかけに、マンション内で発した言葉が現実になるという怪奇現象に巻き込まれ、《言霊》に翻弄されていくことに。

    「ホラー作品のドラマはあまり見たことがなかったので珍しいと感じましたし、私自身は怖い作品が好きなので、今回出演させていただけると聞いて、とてもうれしかったです」と語る西野が、今作でコトハという役を通してどんな新しい一面を魅せてくれるのかに注目だ。

    永山絢斗・斉藤由貴ら演技派共演陣も
    ひょんなことからコトハと知り合い、レディスコート葉鳥の騒動に巻き込まれていく自称・霊能者の中目零至(レイシ)役は永山絢斗が演じる。

    繊細な役からちょっと残念な役、時代劇から現代劇まで、まるでカメレオンのごとく作品ごとにさまざまな表情を見せる永山。
    今回演じるレイシは、霊能者と称して霊感商法でぼろ儲けを目論むも、悪人になり切れない人の良さから成功せず、かといって他に取り柄もない…というダメ男。
    永山が新たな引き出しを披露してくれることになりそうだ。

    また、レイシの叔母で女性宮司の岩戸志麻(トシマ)を演じるのは斉藤由貴。
    かわいらしい役から妖艶な役、シリアスな演技もコミカルな演技も、自分のものにして演じる唯一無二の斉藤。

    今回演じるトシマには除霊師としての一面があり、コトハとレイシが除霊を依頼すると、危険手当100万円を要求して二人を突き放す。
    さらに、除霊能力のほども不明で、なにやらひと癖もふた癖もありそうな予感。斉藤がその高い演技力でどのように表現するのかに期待したい。

    ヒットメーカー・橋本裕志×ホラーの名手・落合正幸の強力タッグ
    脚本を手掛けるのは、これまで数々のヒット作を長年に渡って世に出し続け、近年も『ビリギャル』(2015年)などの映画や『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(2018年)、『エアガール』(2021年)などのドラマを手掛けるヒットメーカー・橋本裕志。
    今作は、コメディから重厚な作品まで幅広いジャンルで活躍してきた橋本自身、初のホラー。新たなジャンルで、その実力を遺憾なく発揮する。

    そして演出を務めるのは、『感染』(2004年)や『怪談レストラン』(2010年)、『呪怨-ザ・ファイナル-』(2015年)などの映画や、『世にも奇妙な物語』シリーズなどのドラマを手掛け、《ホラーの名手》として知られる落合正幸。
    見る者を恐怖に震えさせながらも夢中にさせるその世界観で、『言霊荘』を作り上げる。

    全文
    http://mdpr.jp/news/detail/2735231

    西野七瀬、テレ朝ドラマ初主演決定! 「言霊荘」(左から)永山絢斗・西野七瀬・斉藤由貴

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    元乃木坂46 西野七瀬

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【元乃木坂・西野七瀬「言霊荘」ドラマ初主演決定!女優として勢いが止まらない!】の続きを読む


    島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年〈昭和31年〉3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント・漫才師・司会者・歌手・俳優・作詞家・プロデューサー。本名は長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。京都府京都市南区出身。 1977年に漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」を結成。1985年の解散後は芸能界を
    90キロバイト (14,160 語) - 2021年7月29日 (木) 13:44


    レジェンドの引退はおおきかったですね。

    1 牛丼 ★ :2021/08/24(火) 04:51:53.83

     2011年8月23日深夜、お笑い芸人・島田紳助さんが緊急記者会見に登場し、「暴力団関係者と親密な付き合いがあった」として、この日、芸能界からの引退を宣言する。

    「どうも皆さん、こんな時間にお集りいただきまして、島田紳助の切腹の介錯をしていただきまして、本当にありがとうございました。悔いはありません。多くの方に出会えて感謝の気持ちでいっぱいです。そして自分の認識の甘さ、この3日間、十分反省した結果、ぶれることなく引退します。どうもありがとうございました」

     漫才コンビ「島田紳助・松本竜介」のボケ担当として活躍し、コンビ解散後は司会業に転身。売れっ子司会者として、『クイズ!ヘキサゴン』『行列のできる法律相談所』『開運!なんでも鑑定団』など、各局にレギュラー番組を数多く持っていた。紳助さんの抜けた穴は大きく、芸能界はしばらく揺れることになる。

     紳助さんが歩んできたキャリアについて、お笑い評論家・ラリー遠田さんが、こう語る。

    「コンビ解散後の島田紳助さんは、司会者として幅広いジャンルの番組を手がけてきました。なかでも特筆すべきは、1989年に始まった政治討論番組『サンデープロジェクト』で司会を務めたことです。当時は芸人が報道番組に出るのは異例のことでした」

     オファーが来た当初は「ジャンル外」として断っていたが、最終的に、2004年までの15年間にわたって司会を務めた。その後も、『歌のトップテン』や『オールスター感謝祭』『人生が変わる1分間の深イイ話』など、人気番組に長年レギュラーとして出演を続けた。

    「司会者として活躍する一方、プロデューサー的な立場でも才能を発揮し、数々の番組を成功に導いてきました。2001年にスタートした漫才日本一を決める『M-1グランプリ』は、紳助さんの肝いりで始まったお笑いコンテストです。お笑いのイベントでありながら、格闘技の大会のような真剣勝負の空気を作ったことで、『M-1』はお笑い界を代表する空前の人気コンテンツに成長しました。

     紳助さんのアクの強い芸風は好き嫌いが分かれるところもありますが、司会者としてもプロデューサーとしても並外れた功績を残したと言えるでしょう」

     2011年に引退して以来、まれにインタビューに答えることもあるが、芸能界への復帰は否定している。とはいえ、親しい芸能人との交流は続いているようで、いまでもさまざまな番組で、紳助さんのエピソードが語られる。

     たとえば、2018年7月には、『クイズ!ヘキサゴン』にレギュラー出演し、お*キャラでブレイクしたつるの剛士が、紳助さんの人間性と、独特の存在感についてこう語っている。

    「泣いたり、笑ったり、怒ったりする、すごく人間味あふれる方だった。本番前とかに、前室に紳助さんが入って来られるとピリッとして空気が変わる。そういったものが(いまは)なくなっちゃたような気がする。100%でぶつかってこられる方だった。人対人の緊張感があった」(『橋下徹の即リプ!』より)

     テレビがつまらなくなったのは、やはり紳助さんが引退したことも大きいのかもしれない。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7415fb2af8b43b93f0bb9887e2fe5c9be9fcb7b1
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629722434/


    【島田紳助、引退から10年。テレビがつまらなくなったのは、紳助が消えたから…?】の続きを読む


    髙橋 ひかる(たかはし ひかる、2001年(平成13年)9月22日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 滋賀県大津市出身。オスカープロモーション所属。「高橋ひかる」と表記されることも多い。 2014年8月、「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞して、芸能界入りする
    71キロバイト (9,084 語) - 2021年8月23日 (月) 17:32


    なんと…!!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/23(月) 13:32:17.27

    8/23(月) 13:29
    オリコン

    高橋ひかる、新型コロナウイルス感染 体調安定で自宅療養中「回復に向け慎重に対応しております」
    高橋ひかる (C)ORICON NewS inc.
     女優の高橋ひかる(19)(※高ははしごだか)が、新型コロナウイルスに感染したことが23日、所属事務所のホームページで発表された。

     経緯について「高橋ひかるは、8月18日(水)の深夜に発熱、倦怠感の症状がみられ、睡眠をとり翌19日(木)の朝、再度検温した際、熱が下がらなかったため、同日午前中に医療機関にてPCR検査を実施したところ、翌20日(金)陽性であることが確認されました」と報告。

     続けて「現在、本人の体調は安定しており、保健所・医療機関のご指示のもと、自宅にて療養、回復に向け慎重に対応しております。なお、この件に関する濃厚接触者はおりませんでした」と伝え「お仕事関係の皆様、いつも応援してくださっているファンの皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます」とつづった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c2fa3f7b89681ba330ca77c0a8ac5e7380b3161


    【高橋ひかるが新型コロナ感染!体調安定で自宅療養中「回復に向け慎重に対応」】の続きを読む


    西村博之 (ひろゆきからのリダイレクト)
    ひろゆかないも同じくYouTubeを軸として活動している。 ひろゆきのアイコンは4chanのユーザーによって創作された。これは4chan開設者のmootが猫耳のペルソナであることに対抗して、兎耳を持つ男の子として作成されたものである。愛称は「Hiro-tan」あるいは「Mootwo(ひろゆき
    106キロバイト (14,886 語) - 2021年8月21日 (土) 12:13


    対応の違いがwwww

    1 jinjin ★ :2021/08/24(火) 07:40:09.51

    高橋将一(たかはし・まさかづ)
    株式会社Guildの代表取締役。VAZ副社長などを経て2019年にGuildを創業。
    同社は日本最大のエージェント型クリエイター支援企業として、YouTubeチャンネルのサポート数は約400チャンネル、年商100億円オーバーと急成長中。YouTuberのヒカルのマネジメントを担当し、協業でアパレルブランド「ReZARD」(年商約30億円)を立ち上げ成功へ導き、プロデューサーとしても宮迫博之、手越祐也など、逆境に立たされたタレントをYouTubeで大復活させた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f29153c5146a8874960658aa7bc62aed21764014
    https://i.imgur.com/bIF1k3u.jpg


    株式会社Guild(ギルド)
    代表者 高橋 将一
    取締役 ひろゆき
        入江神龍
        ひげおやじ
        
    https://guild.to/about/
    https://kai-you.net/amp/article/68610

    (出典 i.imgur.com)

    https://i.imgur.com/*61ET5.jpg

    (出典 i.imgur.com)




    関連スレ
    【論破王】ひろゆき氏が雨上がり解散で率直意見「蛍原さんの回しで面白い部分あまりない」 ★2 [爆笑ゴリラ★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629581759/

    【ひろゆき】雨上がりの解散に「蛍原さん1人だと厳しい。冷静な判断が出来てない時点で蛍原さんはカウンセリングとか受けた方がいい」★5 [jinjin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629706413/


    前スレ
    【芸能】蛍原徹に苦言を呈したひろゆき氏、宮迫博之YouTubeチャンネルのサポート運営会社「ギルド」の取締役だった★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629734608/


    【ひろゆきが蛍原徹に辛口評価。宮迫博之のYouTube活動は支援。ギルド取締役】の続きを読む


    萬長(つじ かずなが、1944年2月9日 - 2021年8月18日)は、日本の俳優、声優。本名は同じ。「まんちょう」「ばんちょう」と読まれることがあるが「かずなが」が正しい。 佐賀県佐賀市神野町出身。佐賀県立佐賀高等学校卒業。テコジャパンエージェンシー、おぎいくこ事務所、こまつ座を経て、ワタナベエンターテインメント所属。
    35キロバイト (4,028 語) - 2021年8月23日 (月) 13:28


    ごめいふく

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/23(月) 15:27:18.61

    8/23(月) 15:23
    オリコン

    俳優・辻萬長さん、腎盂がんのため死去 77歳 7月に『鎌倉殿の13人』降板
    辻萬長さん
     俳優の辻萬長(つじ・かずなが)さんが18日、腎盂(じんう)がんのため亡くなった。享年77。23日、所属事務所のワタナベエンターテインメントが伝えた。辻さんは今年7月、腎盂がん治療専念のため2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』降板を発表していた。

    ■辻萬長さんのプロフィール

     辻さんは1944年2月9日生まれ、佐賀県出身。1965年に劇団俳優座付属俳優養成所卒業。主な舞台出演作に『人間合格』『きらめく星座』『日の浦姫物語』『父と暮せば』『オセロー』『NINAGAWA マクベス』、『大地』など。『ボンソワール・オッフェンバック』で文化庁芸術祭優秀賞、一人芝居『化粧二題』で読売演劇大賞優秀男優賞、『雨』『ロンサム・ウェスト』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞している。

     近年の映像作品では、NHK『昭和元禄落語心中』、連続テレビ小説『なつぞら』、TBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』、『危険なビーナス』、映画『トイ・ストーリーシリーズ(Mr.ポテトヘッド)』など。NHK終戦ドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』が最後のドラマ出演となった。

     所属事務所の代表取締役社長・渡辺ミキ氏は、辻さんの訃報に下記のコメントを寄せた。

    ■ワタナベエンターテインメント代表取締役社長 渡辺ミキ氏コメント

    辻萬長は、数々の名作演劇作品の柱となった、かけがえのない俳優でした。
    とりわけ、日本を代表する劇作家・井上ひさし氏の作品への貢献は多大なるものでした。2010年の井上ひさし氏逝去後も、俳優として、作家を直接知らぬ観客や演劇人達に、井上氏の遺志を伝え続けました。そして、役を通して、作品を重層的に表現することが出来る、唯一無二の演技力を持つ俳優でした。それは時として、作家自身が意図をせぬ面にまで及び、作品をより高みへと押し上げ、支えたのです。

    辻萬長は、作品づくりにはなくてはならない存在で、多くの作家や演出家に愛され、頼られました。演出家・蜷川幸雄氏の作品にも数々出演し、2016年の蜷川氏の葬儀には、「自分は稽古せを続け、蜷川作品をより深める」と稽古場を離れず、最後の蜷川演出作品「尺には尺を」を力強く作り上げました。

    演劇における遺作となったのは、2020年7月公演の三谷幸喜氏作・演出による『大地』です。井上ひさし氏達からバトンを受け取った世代の三谷幸喜氏が辻萬長に当て書きした役は、辻の俳優人生のラストに相応しい働きをしました。コロナ禍でストップしていた演劇業界の再開公演にもなったこの『大地」で、辻萬長が最後に語った「観客無しで演劇は成立しない」という趣旨の台詞は、多くの演劇人と観客の想いでもありました。

    人生の最期まで良い芝居をしようと切磋琢磨を続けた稀代の名優・辻萬長の仕事は、これからは共に芝居を作った仲間である作り手、そして同業者である俳優の皆さんたちの表現の中に生き続けるのだと思います。
    それは、辻萬長が井上ひさし氏や蜷川幸雄氏から受け継いで、次の時代に演じ、渡したように。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/138a74059f262fdefa0efe2bfc5d4a98fa9483a0


    【俳優・辻萬長さん、腎盂がんのため77歳で死去。7月に『鎌倉殿の13人』降板…】の続きを読む
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    スポンサーリンク
    ブログランキング
    逆アクセスランキング
    当ブログについて
    当サイトはニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。 記事・ツイートの削除依頼などは、メール・メールフォームからご遠慮なくお申し付けください。 当ブログメールアドレス saishinnews◆outlook.jp (◆を@に変換して下さい) 【相互リンク・RSSについて】 当サイトは、リンクフリーです。 相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。 確認が出来次第こちらにも追加いたします。 また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、 管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。 サイト名・・・最新ニュースまとめ サイトURL・・・https://saishinnewsmatome.blog.jp/ RSSURL・・・https://saishinnewsmatome.blog.jp/index.rdf 【著作権について】 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する目的または意図は全くございません。 掲載に問題がある場合は、削除対応をさせて頂きますので お手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。
    プライバシーポリシー
    ◆個人情報の管理について◆ 本サイト【最新ニュースまとめ】(以下、当サイト)では、 お問い合わせ内容に関する対応・確認・相談および、 情報提供のメール送信(返信)の目的以外には使用しません。 お問い合わせの際に取得しました個人情報を第三者へ開示することは一切いたしません。 警察や裁判所などの公的機関より、書面による請求がありました場合、 法令順守・公序良俗に従い、ただちに請求のあった個人情報を開示します。 ◆当サイトに掲載されている広告について◆ 当サイトでは第三者配信による広告サービス 「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を使用しております。 広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づきまして、 広告を配信しています。 広告を配信する際、ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を取得、使用する事があります。 詳しくは以下のサイトをご覧ください。 https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/ ユーザー様の当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は含まれません)を使用できないようにする方法につきましては、 以下のサイトをご覧いただきまして、設定の変更を行ってください。 https://adssettings.google.com/anonymous?sig=ACi0TChAgm9xdS9TvOQrx9_Kq45QopshPWM_PtVdEqMm57WYkwrPKMDKd6SGY-k1x7dHzdIIxZB8XoRHFQBbxollbhT4xoUI8brlyZhuq0z0VT45OH3zEQs&hl=ja 詳細につきましては、以下の「Google Adsense(グーグルアドセンス)」 「公式プライバシーポリシー」をご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html 運営者:最新ニュースまとめ管理人 連絡先:saishinnews@outlook.jp

    このページのトップヘ